ダンス・インテリジェンス
2011年03月号

日本列島でブームの嵐!
「ダンスうんどう」って何ですか!?
講談社MOOK「ダンスタイム」では、第2号から付録DVDで「ダンスうんどう」を紹介してきました。「子どもたちのためのお遊戯なの?」「社交ダンスには関係ないんでしょ」「付録DVDにはワルツやルンバなど、種目ごとの実践的なレクチャーがほしいよ」と思っているアナタ!ここで改めて、ダンスうんどうの多角的なチカラを紹介します。
競技ダンサーにも、高齢者の健康作りにも、子どものダンス指導にも!

「ダンスうんどう」とは、小樽をベースに日本全国、世界各地で活躍している小林英夫さんが考案したカリキュラム。このカリキュラムは、みんなで楽しみながらダンスの基礎的な能力を育むプログラムです。

それゆえ、リズム感や俊敏性など競技ダンスのレベルアップとなることはもちろん、高齢者の健康づくり、年代を問わず脳の活性化などにもつながるマルチな内容なのです。

また、「社交ダンスといえば、男女がカップルになって踊るもの」という固定概念がありますが、この「男女がカップルになる」という部分に抵抗感を覚える人も少なくありません。
そこで、「ダンスうんどう」では、いきなり男女ペアになるのではなく、みんなで輪になって踊るところからスタート。
ダンスが進むにつれて、自然に男女ペアになって踊るようになる、というプログラムになっているのです。

これが功を奏し、全国各地の小中学校の体育祭や文化祭、保護者会で取り入れられているのです。つまり、小学生や中学生への社交ダンスの普及は、「ダンスうんどう」から始まっている部分が大きいというワケ。


全日本ラテンチャンピオンの久保田兄妹も!

ちなみに、全日本ラテン3連覇を果たした久保田弓椰・蘭羅兄妹カップルは、ダンスうんどう塾出身。
「ダンスうんどう」の多様かつ競技ダンスのパフォーマンスの強化に特化したメソッドが、あの超高速スピンや音楽と一体になったパフォーマンス、ヒップホップやジャズなどいろんな音楽を即ペアダンスとしてクールに見せてくれる表現力の源となったのです。


全国のプロ教室でも、続々投入!

そして、この「ダンスうんどう」のチカラに着目し、全国のプロ教師たちが競って講習会を開き、ダンスうんどうを教室に取り入れようとしています。
ダンスが大好きでプロになっただけに、「ダンスうんどう」の魅力を身体で感じたようです。
子どもの情操教育に、高齢者の健康維持に、競技選手のレベルアップに。すべての機能を備えている「ダンスうんどう」は、ダンス界の中で唯一のシステム化された指導方法といえる。
イキイキとしたリズムで、大人も夢中の「リズム体操」。フットスピードを上げる前進動作、バックバランスにならないための後退動作、ナチュラル・ターンをダイナミックにする開脚運動など、競技ダンスを磨くカギが組み込まれているのです。
一人でできる「ダンス・コンディショニング編」には、久保田兄妹始め、ユースとジュニアのトップ選手が出演。今回は、回転動作を磨くカリキュラムですが、これを3分間繰り返すだけで、オープン・ヒップ・ツイストとホッキー・スティックが踊れる(踊らせる)ようになるという、ダンスのウラワザでもあります!
ダンスうんどう「初級編」がバックナンバーで揃う!
さて、ここで「ダンスうんどう」に興味を持った方は、「ダンスタイム」のバックナンバーで「初級編」と「ダンス・コンディショニング」編が揃います。
その内容を少しだけ紹介!

★「ダンスタイム」vol.2
第1弾:初級編 .瓮譽鵐
全てのダンスの基本となるメレンゲで、楽しみながらダンスに必要な基本動作とリズム感を自然に習得する。

★「ダンスタイム」vol.3
第2弾:初級編◆AYATORI
音楽に合わせた体重移動や、上半身と下半身を別々に動かすなど、ダンスの基礎力を培う。
踊る相手がどんどん入れ替わり、初級者も上級者と踊る機会ができるため、上達が早まる。

★「ダンスタイム」vol.4
第3弾:初級編 リズム体操
フットスピードを上げる前進の動作、前バランスを保つ後退の動作、2種類のリズムの踊り分け、
股関節の可動域を広げる運動などが組み込まれ、より発展的な「踊れる身体」を作る。

★「ダンスタイム」vol.5
第4弾:初級編ぁ.汽襯機▲泪鵐棔▲襯鵐弌▲船礇船礇船
4種目を「前進・後退・回転・ひねり」などダンスの基本動作を織り込んだ同一の足型で踊る。
種目ごとに足型を覚える必要がないため、種目ごとのリズムを表現できるようになる。

★「ダンスタイム」vol.6
第5弾:ダンス・コンディショニング編 6歩のコンディショニング
時間をかけず、悩まずダンスが踊れるようになる、教える側・初心者にとって画期的な「裏ワザ」。
ダンスに特化した身体能力を育む、トップダンサー育成の実践的カリキュラムでもある。

★「ダンスタイム」vol.7
第6弾:ダンスうんどう「初級教材編」
間違ったって楽しければOKという雰囲気作りが、小林式の真髄です。
子どもたちが溌剌と笑顔で参加する初級教材の虎の巻として、また、大人だってプロも初心者も笑顔でいっしょに参加できる画期的なカリキュラムのダイジェスト版として、ぜひご活用ください。


戻る
小林英夫さんは、久保田弓椰くん、蘭羅ちゃんを育てた師匠なのです!
そして、最新号「初級教材編」には、3名のプロ教師が出演。福岡で「K.ステップ・ダンススクール」を主宰する田原孝一さん(写真左)は、ダンスうんどうの大ファン。九州で積極的に講習会の開催に乗り出しています。九州から、日本のダンスシーンが大変革を起こしそうな予感です!
今回は、「学校の授業風景」がモチーフ。だから、ダンスとダンスの合間の「休み時間」には、大人も子どももおおはしゃぎ。見る人をほっこりさせてくれるアクセントになっています。

社交ダンスの情報 DVD 音楽の情報満載のサイトです


Copyright (C) 2008 Houyou Corporation. All Rights Reserved. admin